【FF14】ガンブレイカーレベル70到達【アーリー4日目】

Pocket

アーリーアクセスも最終日となりました。

アーリーアクセス3日目のプレイ日記です。 レベルが多少上がった以外は進展がないので内容は薄めです。

しっかりとアーリー中の目標を達成できたのでその報告と、アーリーアクセス4日目のプレイ日記を書いていきます。

以下空白後に内容を書いていきます。

※この記事にはガンブレイカーのジョブクエストに関することが書かれます。

これだけ空いていればきっと大丈夫なので本題に入ります。

アーリー4日目のプレイ内容

昨日のプレイ日記にて次はレベル68のジョブクエストからスタートだと書いた通り、今回はジョブクエストからスタートしました。

レベル68ジョブクエスト

イシュガルドにやってきた一行は騎士団リーブで依頼を受けました。

今回の護衛対象は帝国からの亡命者です。

かなり訳ありでこうなります。

勿論ヒカセンが止めに入るわけですが、昨日までの記事で一切触れるのを忘れていたレベル65のクエストにてラドヴァンが言ったことをそのまま伝えます。

その後、ラドヴァンは何処かに行ってしまい、不穏な空気のまま終了です。

帝国から逃げているという時点で想像できた展開で、ある意味王道を行ってくれていました。

レベル70ジョブクエスト

レベル70のジョブクエの名前は「真のガンブレイカー」です。

正にって感じのタイトルです。

68のクエストでラドヴァンがどこかに行ってしまったので、ソフィーと2人で依頼を受けます。

前回の終わりからわかっていた通り罠で捕まってしまいます。

そこにラドヴァンが助けに来てくれました。

ちなみにラドヴァンが助けに現れた時のBGMは、ファンフェスでロスガルがお披露目されたときに流れていたもののアレンジでした。

クエストバトルを終えると、忙しいヒカセンを解放すると言って新しい弟子を探しにレブナンツトールまで行き終了となります。

コンティニュエーションを覚えたので、ガンブレイカーの醍醐味であるトリガーを引くということができるようになりました。

本当はソイルを使ったWSがトリガーを引いているものなのかもしれませんが、パッド勢的にはひとつのWSを撃つごとにコンティニュエーションを挟むので、これこそ攻撃のたびにトリガーを引いています。

確かに忙しいかもしれませんが、他のタンクにはない6段コンボと捉えるとなかなか個性的で面白いです。

レベリングについて

結局のところアメノミハシラが時間当たりの経験値効率が高いです。

しかし、間にIDを挟むことは非常に重要だと感じました。

作業になり過ぎないようにするため精神的負担軽減にもなります。

でも一番の理由はちゃんとしたライトパーティを経験するということです。

DD内ではジョブの組み合わせはめちゃくちゃな上、アメノミハシラは死者の宮殿と比べても狭く非常に簡単にしてあります。

まともなパーティプレイをせずに上がってしまうと、必要なタイミングで必要なものが使うことができなくなります。

これまでタンクに手を付けていなかった人も、タンクデビューしていると思うのでDDとIDが違うということをしっかりと身をもって味わっておく必要があります。

したがって、効率が多少落ちたとしてもレベル適正のIDに行くか、せめてルーレット回すだけでもいいので、DDではないIDでのガンブレイカーというものを体験するべきです。

アーリーアクセスを終えて

これでアーリーアクセスも終了となります。

スタート時の目標であったアーリー中にガンブレイカーをレベル70にし、正式な実装日からガンブレイカーでメインを進めていくというのを実行できます。

やっと新しいフィールドやID、モンスターに会うことができると思うとワクワクします。

次回のプレイ日記からは完全に5.0の内容に入っていきます。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。