【FF14】大迷宮バハムートをクリアした

Pocket

ずっと放置されていた大迷宮バハムートをクリアしてきました。

クリアしたと言っても制限解除で連れて言ってもらっただけです。

主にストーリーを確認するために行ったものですが、要所要所でギミックの解説と昔話を聞かせてもらいました。

今回は侵攻編4層から真成編の最後まで通しでやりました。

今回は各層がどうだったのかを簡単に書いていきます。

侵攻編4層

言わずと知れたネールさんです。

かなりギミックは無視していますが、今回チャレンジした中では1番苦戦しました。

頑張ったギミック

ほとんど無視していますが、流石に隕石関連は多少の説明と動き方を決めました。

説明があったのは……

  1. 自分のゴーレムは自分で面倒を見る
  2. 外周マラソン
  3. ゴーレムのおやつは2つまで
  4. 後半はゴリ押し
  5. 死んだらお互いに蘇生し合うから食らい放題

注意点はこれくらいで、赤魔道士で参加した自分はゴリ押し要員でした。

真成編1層

真成編は3層と4層が有名なので初めて見ました。

ここは完全にギミック無視です。

突進が来ても1人受けで、消し飛んだら蘇生する方式です。

真成編2層

1層に続きここも初めて見ました。

ここもほとんどギミック無視です。

線がついた時だけお互いに近づくという事だけ決めてありました。

ボスにたどり着くまでに外側を飛んでいくのは結構楽しかったです。

真成編3層

ルイゾワさんとの戦いです。

一応ベンヌが沸くので倒すのは離れた場所でと指示されましたが、1匹しか出てこないので問題ないとも言われました。

実際やってみると本当にゴリ押しの感じです。

カットシーン的にはかなりフェニックスは強い感じ出てましたが、簡単にクリアできてしまいました。

真成編4層

最後のバハムートプライムとの戦いです。

カットシーンのアルフィノとアリゼーの「エオルゼアに未来を」がミュージカルっぽいと思いました。

ここで注意したのはダイブくらいですね。

それ以外は気にしなくていいと言われました。

確かに気にする必要がなく、簡単に終わってしまいました。

エンディング

晴れて大迷宮バハムートをクリアしたので、大迷宮バハムートのエンディングです。

このエンドイベントは、大迷宮バハムートのエンディングであると同時に旧14のエンディングでもあると感じました。

同じレイドであるアレキサンダーと比べると、ストーリーもしっかりと作られていると感じました。

そして、改めてレベル70というのがどれだけ強くなっているのかを実感できました。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。