【FF14】パッチ4.2ファーストインプレッション

Pocket

1/30に待望のパッチ4.2『暁光の刻』が実装されました。

初日はメンテがあったり、そのあといろいろと忙しくて1週間ほど経過してやっと自分のプレイしたいコンテンツを一通りプレイできました。

メインクエスト

実はまだ途中です。

今回驚いたのは、ドマ町人地です。

記憶が正しければ、今回初めてパッケージでのアップデートによるエリア追加以外でのエーテライト追加です。

もしかしたら前からあったけど、町人地を探検していないので気付かなかっただけかもしれませんが……。

これが一番の驚きで、実はこのドマ町人地を訪れるところまでしかメインクエストは進めていません。

今回のメインクエストは3.x後半のメインと同じくコンテンツの関わらないストーリー重視のものになっているので、急ぐ必要がないのでしっかりと文章を読む余裕のある時にやっていこうと思います。

四聖獣奇譚

メインクエストの早い段階で派生します。

アルフィノが無駄遣いしたので、その埋め合わせのためにソロバンに来ていた一獲千金の依頼に一枚噛むところから始まっていきます。

ここで、インスタンスダンジョンの「獄の蓋」に行くことになります。

クリアするとそのままイベントです。

四聖獣は4体なので、パッチ4.5までじゃ全て出し切れないんじゃと心配していましたが、まさかの玄武はIDボスでした。

このミニオンらしきやつらは「瑞獣」という長生きしたことで妖怪的になった動物だそうです。

その中でも四聖獣は強く、FF14版桃太郎の登場人物のようです。

ただ退治したのは鬼ではなく、黄龍だそうです。

四聖獣について知ってる人は黄龍が絡んでくるのはある程度予想できていたと思います。

白虎

どういう経緯で四聖獣と戦うのかと思えば、アラミタマを鎮めるために倒してほしいというものでした。

征魂戦ってどういうことなのかと思っていましたが、白虎自体を討滅するわけではなかったからなんですね。

次元の狭間オメガ:シグマ編

実装日に行こうと思いましたが、シド討滅戦が突破できずに結局3日目に行くことができました。

今回からアルファが服を着ることになります。

かわいいです。

デルタ編のときと同じく、まずはソロでNPCと一緒にオメガの内部を探索です。

その中でなかなか興味深いことを言っていました。

この伏字になっている部分がこのオメガの核心に迫るところなんでしょうけど、現在この世界の言葉で表すことができないそうです。

このソロパートはネロさンの見せ場があります。

ソロパートが終わるとCFに登録されるので挑戦します。

まだ、各層1階ずつしか行っていないので、微妙にギミックがわかってない部分もあります。

ただ個人的な感想はデルタ編の方が難しかったと思います。

4層は2回全滅しましたが、それ以外は初見だらけで1発クリアでした。

まとめ

メインクエストこそ途中ですが、やっておきたいコンテンツは一通り参加できました。

思っていたよりも覚えることが少なそうなので、予定より早く極白虎にも参加できそうです。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。