【FF14】毎日活動報告【2020/12/08】

ゲーム

【FF14】毎日活動報告【2020/12/07】
今日は24時間メンテなのでログインして遊ぶことはできませんでした。 だからこそ今日は明日からの予定について書いていきます。 パッチ5.4初日の予定 メインクエスト 希望の園エデン ...

本日よりパッチ5.4が実装となりました。

この記事にはパッチ5.4のネタバレを含みますのでご注意ください。

プレイ内容

• 希望の園エデン:再生編

• メインクエスト

希望の園エデン:再生編

パッチ5.4は新レイドからスタートしました。

メインから進めていこうと思いましたが、FCで行く感じになっていたので便乗してフルパーティでの挑戦となりました。

エデンはエデンでしっかりとスクショ付きの記事を書こうと思っているので、今回は各層の簡単な内容とエデンシリーズが完結したので全体の感想について書きます。

1層

PLLで公開されていたようにボスは暗闇の雲です。

出てきた理由は簡単にいうと前回の最後で意図せずに光の力が活性化してしまったので、中和するために闇の力を活性化するためです。

注意するべき点はいくつかあるのですが、後半の3層4層のインパクトが強すぎて既に記憶が薄れてきています。

覚えたこととしては、床は鎖の模様が出るまで落ちないのでそこまでうろちょろする必要はない。

インコムみたいなやつが外周の壁に行ったら、そこに移動して扇形範囲が来るので自分もその方向に移動する。

この2点です。

一度全滅しましたが、2回目でクリアできました。

2層

1層終了後の物語パートで衝撃の事実発覚です。

エデンはアシエンが罪喰いになったものでした。

闇が活性化されたことで意識を表に現し、ガイアの「妖精さん」だったことがわかります。

100年前の光の戦士であるアルバート達と戦い敗れたらしく、その時の戦いを再現すると言ってフェンリルの凄そうなやつを出してきます。

こいつの能力は簡単にいう影です。

影を操って色んな範囲攻撃を仕掛けてくる感じです。

3体の影分身みたいなやつは線で繋がっていたやつが攻撃をするというのは初見でもわかりました。

しかし、それ以外の影のルールを把握することができず、憶測の域を出ないまま終了してしました。

最初に考えたのは影なのだから、その反対側に攻撃範囲が出るというものです。

しかし、それはハズレであることがわかりました。

メンバー曰く、尻尾に注目するのがポイントらしいです。

次回はしっかり見てみます。

3層

2層終了後にガイアの正体が判明します。

ガイアはかつてはアシエンだった魂の転生した姿でした。

100年前は合体してアルバート達と戦ったようですが、敗北際に合体が解除されてガイアは転生し、彼は異様な強さのアルバートの光の力によって転生することができず、世界が初めての罪喰いとなりました。

ガイアの記憶を消すための時間稼ぎとして、リーンの考える最強の存在を召喚してきました。

ここのボスはリーンがこれまでにみてきた強者のイメージが混ざったものでした。

見た目はサクレットとランジートが融合したような感じに、バウスリーもといイノセンスっぽい羽根を申し訳程度につけたものでした。

こいつにはかなり苦労しました。

クリアまでに50分くらいかかっていると思います。

覚えることは実はそこまでないですが初見殺しです。

まず覚えるのは龍が纏っている属性です。

炎と雷があり、炎ならノックバック、雷なら外側へ範囲拡大です。

まずはこの2つを覚えておく必要があります。

そして最も苦戦したギミックは、周囲に8個と中央に1個の円形範囲が出るものです。

詠唱段階で9つの円、炎と雷が発生します。

一見すると安置がなく安置が発生するのもランダムに見えます。

いくつかの案が出ましたがどれもハズレで、最終的には何か運で乗り切った感じになっていました。

しかし、最後の1回でルールを見つけたかもしれません。

難しことはなくて、龍の纏っている属性と反対が安置でした。

ただ、これが見落としやすくタンクにきた範囲の属性なので、しっかりと離れたところの攻撃もみておく必要がありました。

まだ確証が持てないので、報酬も手に入っていないこともあり今週中に検証できそうです。

4層

ガイアを取り込んだアシエンはもうエデンの中で永遠の時を過ごすと言い出します。

リーンはガイアを救うためヒカセンを送り込みます。

4層のボスはこれまでみたことのない姿をしています。

これはPLLで言っていたノムリッシュこと野村哲也さんがデザインしたボスなのでしょうか?

確証を持てない理由は、零式で第二形態的なものがありそれが野村さんのデザインである可能性があることと、やはりFF7やKHのキャラデザインを見ているとそことはかけ離れているように感じてしまいます。

しかし、ジェノバのデザインも野村さんだというのであれば納得かもしれません。

こいつの攻撃は結構シンプルです。

これまでにエデンで召喚してきた擬似蛮神の力を再現してきます。

使って来る力は、タイタン、リヴァイアサン、ガルーダ、イフリート、ラムウ、シヴァの5体です。

フィード北にそれぞれが映ったクリスタルが配置されて、「はなつ」や「ストック」で線が繋がった蛮神の能力を使ってきます。

4回くらい全滅して今の所1番最初に使ってくるのはラムウのようです。

そしてタイタンは後半にならないと使ってこないようです。

シヴァは発動率が低く、ラムウが一番高い感じがしました。

それぞれのギミックは以下の通りです。

• タイタン
大地の怒り後に岩が降ってくる。大きい岩の反対側の小さな岩の間でやり過ごしその後降ってくる岩も1回目の爆破後にずれて回避する

• リヴァイアサン
東西に波が発生。おそらくノックバック

• ガルーダ
東西
南北それぞれに範囲攻撃。斜めが安置。

• イフリート
南北に150度くらいの扇形範囲。東西が安置。

• ラムウ
ボス中心の範囲攻撃。外側に回避。

• シヴァ
ダイヤモンドダストを使ってきてフィールド全体が凍る。

大体こんな感じで前半は「はなつ」しかないので即使用してきます。

後半になると2種類を同時に「ストック」してきて、一旦どれかの蛮神の履行技を使ってから「リリース」で同時に2種類を発動させてきます。

やってみた感じでは、リヴァ、ガル、イフが安置を見つけて回避するタイプなので、この中から2つを「ストック」して、タイタンかシヴァの履行を使って記憶をちょっと飛ばした後に「リリース」してくる感じでした。

何にせよ途中のDPSチェック的な部分でも記憶がテーマになっているので、プレイヤーの記憶を試すのが4層のテーマになっているのでしょう。

物語の幕引き

4層をクリアするとエデンの物語も終了となります。

闇の中でガイアがリーンの声を聞いて、リーンが闇の中にガンブレードで飛び込んでくるシーンはちょっとKHっぽいと思いました。

ガイアが目覚めたところからの無の大地の復活の演出は本当に良かったです。

無の大地にはこれからもアムアレーンから行くことができるはずなので、SSを撮るにはいい場所がまたひとつ増えました。

一言

結局初日はエデンだけで3時間以上もかかってしまいました。

間違いなく蒼天から続くノーマルレイドの中で最も難しいものとなっています。

今回はFCでのフルパで行ったこともありそれなりに意思疎通ができていましたが、CFで行くと大変なことになりそうです。

零式の方には行かないので難易度のチェックはできませんが、ノーマルがこれなので零式もすごいことになっていることが間違い無いでしょう。

初日にメインを全く進めることができなかったので、明日こそはメインクエストを進めていきます。

【FF14】毎日活動報告【2020/12/09】
プレイ内容 • メインクエスト • エキルレ メインクエスト 昨日はエデンをやるだけで精一杯だったので、今日からやっとメインクエストスタートです。 前回のパッチ5...

コメント

タイトルとURLをコピーしました