【ハースストーン】君を見つけたモンスター【酒場の喧嘩】

Pocket

酒場の喧嘩『君を見つけたモンスター』

逃げ場はない。あんたはウィッチウッドの怪物の一体と
して目覚めるんだ。ウィッチウッドを支配する悪夢の主
は、はたしてどの怪物か!

今回の喧嘩は前回に続きデッキを構築する必要はありません。

クラスも選択する必要もなく、対戦を押すとスタートです。

ルールは以下の通りです。

  1. 使うのは怪物狩りのボスモンスター
  2. どのボスなのかはランダム
  3. デッキはボスごとに固定

ボスごとにデッキが固定なので、回数をこなせば中身を全て把握することができるかもしれません。

また、特殊なデッキであるため同じカードが3枚以上入ってるようです。

デッキの枚数も怪物狩りで出てくるタイミングの問題で、30枚を超えているものがあります。

怪物狩りでは進めば進むほど体力が増えていくので、デッキが30枚を超える頃には体力も30を超えてきます。

しかし今回の喧嘩では体力は30固定になっていました。

妖の森ウィッチウッドに対応したソロ・アドベンチャーをプレイしました。 今回は専用の4人のヒーローを使って怪物を狩っていきます。

各ボス

全てのボスを確認することはできませんでしたが、クリアまでに見てきたボスを紹介します。

ウィンズロー・トブトック

ヒーローパワーはお互いの手札をデッキに戻して同じ枚数を引くものでした。

デッキ内のミニオンはカードを引くことによってスタッツが増加するものが多めでした。

疫病使いランセル

ヒーローパワーはミニオン1体に2ダメージを与えて、生きていれば猛毒を付与するものでした。

猛毒を付与してミニオンをトレードしやすいような構成になっていました。

チュパカブラン

ヒーローパワーはミニオンに+1/+1と生命奪取を付与。

ヒーローパワーがわかりやすく単純に戦いやすそうだと思いました。

アザリナ・ソウルシーフ

ヒーローパワーはウィスプ3体を召喚するもの。

デッキは横に大きく展開した弱小ミニオンを一気に強化することのでき効果物が多かったです。

ブラッシュウッド・センチュリオン

ヒーローパワーはミニオン1体を他のすべてのミニオンで攻撃するというものです。

残念ながら一度も使われませんでした。

コストも高くランダムな敵ミニオンなので、使いづらかったのかもしれません。

デッキ内カードはウォーリアに寄っている感じでした。

ワァルガァルブル

ヒーローパワーはデッキから3枚のマーロックを引くものです。

見た通りマーロックデッキになっていて、シャーマンのクエストが入っているのでやることもわかりやすいです。

まとめ

今回の喧嘩は怪物になって戦うものなので、クラスの枠を超えたデッキになっていたりします。

怪物狩りをプレイして使ってみたかった組み合わせなども自分で使うチャンスです。

最近は1年以内に行なわれた喧嘩の焼き回しでしたが、記憶の中ではこの喧嘩は今回初めてのものなので、新鮮な気持ちでプレイできました。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。