オクトパストラベラー大陸は覇者ファーストインプレッション

ゲーム

2020/10/28配信開始となったオクトラ大陸の覇者。

配信開始されたのを見逃して始めるのが1日遅れてしまいましたが、10/29遊んだ感想を書いていきます。

※この記事にはオクトパストラベラー大陸の覇者のネタバレを含みます。

オクトパストラベラー大陸の覇者とは?

ニンテンドースイッチで発売中のオクトパストラベラーの本編開始の数年前を描いた物語です。

一応ソーシャルゲームですが、今のところは他のプレイヤーとの交流要素はゼロで、運営からもシングルプレイのRPGであることが明言されています。

ストーリーは?

上記のようにオクトパストラベラー本編の数年前を描いています。

物語の根幹となっているのは、3人の極めし者たちです。

富・権力・名声の3つのメインストーローがあり、ゲームの開始時点で既にラスボスが判明しているような状態でスタートします。

最終的にはこの3人の極めし者を倒すことになると思うのですが、現状ではどこまで物語実装されているのか不明なので予想の域を出ません。

ただ言えることは、これら3人の極めし者たちはオクトパストラベラー本編には出てきていないと記憶しているので、このゲーム内で決着をつけることにはなっていると思います。

10/30までの進行度

現在の物語の進行度は、それぞれのチャプター2までクリアをしています。

余分なこともやっていますが、ここまでで9時間近くのプレイ時間を記録しています。

世界観的に仕方ないですが、どの物語もドロドロしています。

物語毎の合言葉

3つあるメインストーリーには度々登場する合言葉のようなものがそれぞれ存在しています。

富では“カッティーナ”、権力では“不可能などない”、名声では“マーヴェラス”です。

富だけは味方側の言葉ですが、それ以外は極めし者の言葉です。

もしかしたら富も極めし者の言葉があるのかも知れませんが、それよりもこちらの方が印象に残りました。

バトル

本家オクトパストラベラーを踏襲したコマンドバトルになっています。

弱点によるブレイクシステムが採用されていて、基本的には相手をブレイクしてブレイク状態の時にダメージを出していくという本編と同じ戦闘方法です。

違いはパーティが8人となっていて、前衛と後衛が存在する点です。

行動をするのは前衛に出ている4人で、後衛は次のターン開始時に回復が発生します。

このゲームはアイテムによる回復がないので、必要に応じて後衛に下げて回復させることが重要です。

ブーストも採用されているので、前衛後衛がある関係で本編以上にブーストを多用して戦っていきます。

現在のパーティ

現在のパーティはこんな感じです。

ラッキーなことに最初のトラベラーが星5のミロードだったのでリセマラなしでのスタートでした。

本家のオクトパストラベラーも神官であるオフィーリアでスタートだったので、主人公としても申し分ないです。

パーティのコンセプトとしては8種全ての武器が使えることを前提に組んでいます。

可能な限り属性も被らないようにしたいのですが、星3.5以上で組んでいったら画像の後衛が4人中3人が氷という状況になってしまっています。

薬師、商人、狩人は星4のトラベラーがいるので、属性をよく見て編成し直すことになりそうです。

ついでに石ですが、300貯まる毎に10連を引いてしまっています。

最序盤に単発で引いた分もあり、現在38回引いているらしいです。

つまり丸1日でやく1000ほどの石が手に入っていたようです。(運営からのユーザー数報酬を含む)

これだけ引いてみてわかったのは異常なまでに星5が出ないということです。

星5のフィオルはこの記事を書く直前の10連で引くことができました。

一番最初のチケットみたいので引いた分を合わせると、40回以上回してやっと星5が1体なので表記されている2%というのは表記に偽りはなさそうです。

しかしかなり渋いことには変わりないです。

リンクしている世界

当たり前ですが、オクトパストラベラー本編の数年前の同じ世界なので、各所に本編に関連している情報が散りばめられています。

特に目を引くは8つ子のクエストです。

まだ全員登場していませんが、8人兄弟がそれぞれのジョブで登場していて今登場しているキャラでは、サイラスとハンイットに会いに行くと言っている人がいます。

まだ進めていないので本当に彼らが登場するのかわかりませんが、わざわざ8つ子という設定を作り本編の主人公達の名前を出してきたからには登場を期待せざるを得ません。

運営に対して疑問に思うこと

一応このゲームはガチャのシステムをもつソーシャルゲームです。

しかし、中身は他のプレイヤーが関係のないシングルプレイのゲームです。

もちろんソーシャルゲームでも他のプレイヤーが関係ないゲームはたくさんあります。

しかし、このゲームに限ってはほぼほぼコンシューマのRPGと同じような状態です。

ここで疑問に思っているところは2点です。

①キャラクターの追加はあるのか?

②期間限定イベント等を開催するのか?

ソーシャルゲームというとやはり上記の2つによって集金していくのが常だと思います。

しかしこのゲームではキャラクターが64人全てゲーム開始前にホームページ上で公開されています。

ジョブや影響力は数えていませんが、キャラクター毎に関連している地方があり、それが各8人ずつとなっていて、8地方に各8人ずついるというように「8」にこだわっていることがよくわかります。

この時点で新キャラの追加が非常にしづらい構成になっていると思っています。

また、RPGとしてしっかりと物語を作ってしまっている関係上、期間限定のイベントも作りづらいのではないかと考えています。

もちろん現状でも課金している人はいると思いますが、運営はどうやって開発費や運営費を回収していくつもりなのか気になっています。

折角いい作りのゲームなので、資金回収ができずに早くサービスが終わってしまうということになると、エンディングを見ることなく終わってしまいそうで不安です。

最後に

今のところオクトパストラベラー大陸の覇者は良ゲーです。

しかし、目的のトラベラーを引くために課金をしたりすると一気にマゾゲーになります。

まだ始まって3日目なので、まだまだメインを進めること自体が遊びの中心なので、運営の方もプレイヤー数の突破記念の石配りをやっている状況です。

ここから先どのような運営をしていくのかも注目しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました