【ブレブリーデフォルト2】新しい物語の始まり【プレイ日記】

ゲーム

2/26に発売されたブレイブリーデフォルト2。

スルーしようかとも考えましたが結局買ってしまいました。

ありきたりな感じになりすがプレイ日記を書いて行きます。

※この記事にはブレイブリーデフォルト2及びブレイブリーシリーズのネタバレを含みます。

ブレイブリーデフォルトの思い出

 

今作の内容に入っていく前にこれまでのブレイブリーシリーズについて振り返ります。

これまでのブレイブリーシリーズは一通りプレイしてきています。

第1作のブレイブリーデフォルトに関しては素直に驚いた部分が多かったです。

BDFFと略されていながらFFではないと明言されていながらFFから流用されたようなジョブシステム。

しかしあるタイミングで本当のことが発覚してFlying FairyがFFではいのでLying Airyになるというのは確かにFFではなかったと言わざるをえませんでした。

またタイトルのブレイブリーデフォルトも、象徴的なシステムのブレイブとデフォルトを表すと同時に、ブレイブ・リーが正しいということを最初から示していたこともすごいと感じました。

1点だけ苦言を呈すとすれば、ループしていて同じイベントを何回もやらされてしまうことです。

物語上同じ世界が何個もあるというのは重要なことでしたが、最初の世界以外はほぼ焼き回しになっているので作業感が半端なかったです。

続編のブレイブリーセカンドは、ブレイブリーデフォルトとは打って変わって残念に思っていました。

理由は物語がそのままの地続きなこともあって新主人公のキャラが薄くそのまま前作の主人公にとって代わられているのに始まり、前作と同じようにループした世界を冒険させられ、サブタイトルの部分が変化するという部分に至るまで、制作陣から「お前らこういうのがいいんだろ?この仕掛けすごいだろ?」って自分達の作っているものに酔っている感じがしていました。

また、システムはバトル面の特に変化があまりなく、それ以外の部分に力を入れている感じがしてその部分も個人的には残念でした。

勝手な想像ですが、今作がブレイブリーサードにならずブレイブリーデフォルト2になったのはブレイブリーセカンドがちょっと残念であったことと、冒険する世界が変わるのでそれこそFF的ナンバリングをすることで独立したシリーズを展開していくための布石だと考えています。

FFがリアル路線でアクション寄りになっていっているので、FCからSFCくらいまでのFFっぽいゲームとしての地位を確立できたらいいのではないかと思います。

物語の始まり

さて、ここからがブレイブリーデフォルト2のプレイ日記になって行きます。

ゲームを開始すると海中のようなところから始まります。

名前を答えるように何者かに言われます。

ここで主人公の名前を入力することになります。

デフォルトでセスと名前が入っているのでそのままの名前でプレイを開始しました。

このように主人公の名前を自分でつけるので、今作では主人公は名前を呼ばれる事はありません。

ボイスの入っているゲームで主人公の名前が呼ばれないのは、FF的にはティーダっぽいと感じました。

序章:内なる海へ

海中っぽいところからスタートするのは演出だと思いましたが本当に海中でした。

本作のヒロインのグローリアと従者のスローンに助けられたセスはハルシオニアの宿屋で目覚めます。

セスは2人のことはおろか、このハルシオニアこも全く知りませんでした。

しかし、セスを助けた2人はセスのことを知っている様子でした。

グローリアは亡国の王女でした。

公式サイト等に書いてあったかも知れませんが、今回は全く情報を入れずにプレイを開始したので入ってくる情報は全て目新しいものです。

このよう前情報0の状態でプレイするのは久しぶりかもしれません。

パーティメンバー登場

2人を待っている間に外へ出たセスは浜辺でおばあちゃんを助けます。

そこへ2人の助っ人が来てくれました。

傭兵の女性アデルと学者(?)のエルヴィスです。

エルヴィスの目的はアスタリスクを集めることらしいです。

アデルはその旅に護衛として着いて来ているとのこと。

結構序盤ですがもうパーティメンバーが3人になりました。

更にアスタリスクという存在と共に、黒魔道士のアスタリスクが手に入りました。

物語が進む前にメンバーが増えてアスタリスクの存在とジョブとは何なのかをプレイヤー側に伝えてくるあたり、親切さと楽しさを早めに知ってもらおうという気概が知れます。

アスタリスク所持者登場

一方その頃的なイベントでグローリアとスローンは明らかにアスタリスク所持者っぽい2人に絡まれます。

2人は風のクリスタルを渡すように言ってきます。

2人は見た目から白魔道士とナイトっぽい感じです。

最初のジョブの組み合わせとしてはブレイブリーデフォルトでも同じだったように記憶しています。

子供が人質になってしまったのでグローリアが身代わりになり、スローンはクリスタルを持っていくことになります。

街に戻ったセス達はスローンを含めた4人でグローリアの救出に向かうことになりました。

なぜかスローンは4人ということに懐かしさを感じているようです。

風のクリスタルの啓示

廃屋にやってきた一行は最奥で敵アスタリスク所持者と対峙します。

その時に風のクリスタルが輝き始めセスに語りかけます。

この声はオープニングで語りかけてきたものと同じです。

クリスタルはセスを呼んだのだけど、それを妨げようとする力によりセスの船は難破しその時に命を落としてしまっていることが判明しました。

現状生きているのはクリスタルの力のお陰だそうです。

この物語開始時に死んでしまっているのは前作の主人公のティズと同じ状態ですし、上でも書いたように実際に生きている人間ではないという部分でやはりティーダと被ります。

そしてクリスタルは言います。

死を受け入れるならそのまま、抗うなあら進めと。

ここで時間制限が出ていました。

物語を進める関係上そのまま光の中に進みましたが、これまでのシリーズやテレビCMでグローリアが最後に言っている「従わない」の言葉よりここでクリスタルの言葉に従わずに死を受け入れることが最終的に必要な行動の可能性もあります。

どうなるのか30秒くらい待っても良かったかもしれません。

ただブレイブリーセカンドのように最初のこの時点では取れない行動を取ることで進む可能性もあるので、最初のプレイとしては指示通りに進んでいくのが正解だと思います。

ジョブを入手

2人のアスタリスク所持者を倒したことで2つのジョブを手に入れました。

1つ目は予想通り白魔道士でした。

やはり回復手段としても魔法が早い段階で使えるようにならないと難易度の設定がしづらいのかもしれません。

また、今回に関して言えば既に黒魔道士のジョブを所持しているので、対となる白魔道士が早めに手に入るのは必然的です。

もう1つのナイトっぽいと言ったジョブはヴァンガードという新ジョブでした。

ジョブ説明的にはパーティの盾となるジョブなのでナイトと言っても過言ではないです。

アビリティを確認した感じでは、ヘイト上昇と攻撃系のデバフ、そして土属性の攻撃ができるみたいです。

また、このヴァンガードを入手したことで知ったこととして、MP以外にHPもコストとして設定されていました。

現時点では魔法はMPで物理攻撃がHP消費になっているので、FFやドラクエというよりもペルソナっぽいと感じました。

ちょっと変化したところ

前作まではアスタリスクを失っても、割とそのままジョブの力を使えるんじゃないかって感じが出ていました。

しかし今作はアスタリスクを失うとそのジョブの力は完全に無くしてしまうようです。

その証拠としてアスタリスクを失った2人はジョブの格好ではなく普段着になっています。

この辺は前作までで少しモヤっとしていたところだったので良い改変です。

それぞれの旅の目的

宿に帰って改めて旅の目的をお互いに話すことになります。

グローリアは自国が滅ぼされたときに奪われてしまった“ヤミノヒトミ”を封じているとされている4つのクリスタルを取り戻すため旅をしています。

エルヴィスは亡くなった師匠が残した魔導書を解読するためにアスタリスクが必要で、先程のようにクリスタルを奪った者、欲している者がアスタリスクを所持している可能性があることから同行を申し出ます。

アデルはエルヴィスに雇われている身でなので当然ついて来ますが、実際の旅の目的は行方不明の姉を探すことだそうです。

そしてセスはクリスタルの啓示もあったので当然グローリアに同行します。

スローンの過去

クリスタルの啓示を受けたセスに対してスローンは自分も同じようにクリスタルによって選ばれた光の戦士だったと言います。

グローリア救出作戦時に4人というのが懐かしいと言っていたのは、4つのクリスタルにそれぞれ選ばれた光の戦士と旅をしていたことを懐かしんでいました。

また、次の街へ向かう途中の峠にスローンの奥さんのお墓がありました。

光の戦士として世界を回っていたのであまり構ってやることができなかったことを悔やんでいました。

大体大臣が悪い

ハルシオニアの大臣は例に漏れず悪いやつでした。

風のクリスタル奪取に失敗したので自ら戦いを挑んできます。

なんとこの大臣、モンクのアスタリスク所持者でした。
(大臣のモンク姿のスクショを撮るのを忘れました。)

これまでのブレイブリーシリーズではアスタリスク所持者はずっとその格好だったので、出会った瞬間からアスタリスクを持っているというのがわかりやすかったです。

しかし、今作から私服が導入されたことによって力を失ったことを明確に描写できるだけでなく、力を引き出している時のみジョブの格好になるということで誰がアスタリスク所持者なのかわからなくなりました。

これも良い改変です。

ジョブっぽい格好をしていると「あーこいつと戦うんだな」ってわかってしまっていました。

そこから「えっ?お前が持ってるの」になりました。

モンク

モンクもこれまでの知っているモンクと大差ありませんでした。

やはり攻撃にHPを消費するので現状は物理攻撃にHPを消費する感じになっています。

モンクが手に入ったことによりジョブが4つとなりました。

これでヴァンガード(ナイト)、白魔道士、黒魔道士、モンクとなりFF1のパーティ構成っぽくなりました。

謎の軍王

大臣を退けアスタリスクを入手しましたが謎の大男が登場しました。

軍王陛下と言われ、アダマスと呼ばれた男はどうやら風のクリスタルを手に入れるように指示した張本人のようです。

戦闘になりますがすぐにやられてしまいクリスタルを奪われてしまいます。
(全員すっぴんだったため「ふんばる」で無駄に耐えてしまいました。)

ここでスローンが4人を逃すために1人で戦いを挑みます。

スローンは強かったですが、おそらく未知のジョブであるアダマスには歯が立ちません。

しかし、スローンはこの勝負は自分の勝ちだと言いました。

これには2つの意味があり、1つはグローリアを逃すことができたということ、もう1つは既に自分は光の戦士ではなく次の光の戦士が誕生していることです。

光の戦士としてグローリアを守る役目を終えたスローンは、最後の力を振り絞り地形が変わる程の攻撃をして最後を遂げます。

オープニング

この戦いから数日後にスローンの遺体を回収した4人は、スローンを奥さんのお墓の横に埋葬し新しいお墓を建てました。

ここは色がなく白黒でスタッフなどが表示されていました。

そしてセスが剣を持って来たところで色が付きオープニングが終了します。

スローンの思いを胸に4人が旅立っていくことが描かれたところでタイトルロゴが表示されます。

ある程度進んでからオープニングというのはFF的だと思いますが、それ以上に先代の光の戦士から次代の光の戦士へバトンが渡り、ここからが本当のブレイブリーデフォルト2なのだということを示唆しているように感じました。

明確な序章の終わりは示されませんでしたが、この後1章に入っていくのでここで序章は終了なので今回はここまでにします。

序章クリア時の状態

アダマス戦で全員すっぴんだったと書いたように、序章は全員すっぴんで突き進んできました。

理由は簡単ですっぴんのアビリティであるJPアップを取るためです。

どうしてもこの手のゲームはジョブのレベルが上がらないと本領発揮できないものが多く、普通にやっているとジョブのレベリングだけで結構な時間を取られてしまいます。

これは前作までの知識でとりあえずJPアップを取ってから他のジョブに行くことで、冒険中に必要以上にレベリングする必要がなくなるということを知っていました。

本当はJPアップを取ってしまってから進みたかったのですが、思ったよりもJPの溜まりが悪く先に進んでしまった方がもらえる量が増えると踏みました。

その結果として負けイベントでふんばるを発動してテンポを悪くしてしまいました。

この先の計画として基本的にはアスタリスク獲得時に登場したキャラにそのジョブをやらせていくようにします。

また現状の感じからして、セスとアデルが物理、グローリアとエルヴィスが魔法系のジョブを優先的に極めていく感じになると思います。

序章の感想

序章のクリアだけで既に10時間近くプレイをしました。

現状としては面倒臭いと思うことも特になく楽しいです。

1つだけ懸念していることとしては、またループ系になっているのではないかということです。

クリスタルの指示に従うかどうかの制限時間があったので、ブレイブリーセカンドと同じようにNew Game+からここに来ることで先に進めるとかだとちょっと残念です。

このようにこれからも可能な限り章ごとに感想の記事を書いていくようにします。

【ブレイブリーデフォルト2】砂漠に住む者達【プレイ日記】
1章をクリアできました。 内容と感想を書きました。ネタバレ注意です。

コメント

  1. […] 【ブレブリーデフォルト2】新しい物語の始まり【プレイ日記】ブレイブリーデフォルト2のプレイ日記です。 今回は序章について書いています。 ネタバレ注意です。www.shumiteki-leveling.com2 […]

タイトルとURLをコピーしました