【FF14】失われた都ラバナスタ

Pocket

アライアンスレイド『失われた都ラバナスタ』の攻略記事……と言うのはおこがましいので、ギミックの覚書です。

マティウス


最初のボス。

スタート時にはアイスエレメントがいるがすぐに倒せます。

攻撃に範囲の見えない扇状のものあり。

フィールドに凍っている部分が螺旋状に描かれる。

その上に水玉があるのでそれに触れて壊す。

壊すとダメージ+デバフ。

この玉を取らないと雑魚が増える。

中央からマティウスの従者が出てきて凍った螺旋上を移動する。

水玉が残ったままだと通過時に円状の範囲ダメージ+敵に変化。

各PCが氷塊と線で繋がれる。

氷塊を破壊が優先。

またフィールド上には攻撃できる大きい水玉も存在するので破壊しておく事。

破壊しておかないと距離減衰ダメージの逃げ場がなくなる。
(自分の感覚なので違う可能性があります。)

カエル

「呼吸困難」のデバフがつきます。

これは解除することはできず、10になると即死です。

カエルを倒すと泡のようなものが出ます。

その泡に入るとデバフのスタックが1に戻ります

サヌワ

ある程度削るとサヌワが3体出現する。

各パーティで1体ずつ受け持って処理します。

サヌワ同士が近いと線で繋がって強化されるのでタンクは出現位置から外側に引いてあげるとイイと思います。

究極履行

このマティウスを始めとしたイヴァリースのルカビィは、召喚獣と同じなので究極履行を使ってきます。

3体全てを処理できればエーテルが足りないので耐えることができますが、間に合わない場合は全滅必至です。

ループ

蛮神戦と同じく2週目に入ります。

道中


マティウスを倒する少しだけ歩いて雑魚戦があります。

シーク族の盗賊がいて邪魔してきます。

ミミックや赤チョコボなどが出てきます。

ここで全滅するようなことはないでしょう。

ハシュマリム


2番目のボスはハシュマリムです。

こいつは初見殺しの塊です。

度々出てくもので、出現させるとハシュマリムが斬り倒します。

この時に倒れる方向がわからずに下敷きになってしまうと行動できなくなります。

倒れる方向は簡単にわかります。

単純に言うと切り口の低い方に倒れます。

なので切り口が斜めに見える所に避難すれば大丈夫です。

クエイジャ

全体に対しての範囲攻撃です。

2パターン存在し、最初に使ってくるのは必ず全体へのダメージの後に各パーティの1人を追尾するAoEが来ます。

このAoEを受けてしまうとダメージが大きいので上手く避けていきます。

可能であれば、ターゲットになった人は他の人がいない方に逃げるようにしてあげるとみんなハッピーです。

大地のハンマー

空中にマンハーが出現して距離減衰のダメージ。

ダイブ(仮)

技名を覚えていないので適当にダイブと言いましたが、これが初見殺しです。

戦闘開始後、クエイジャ→塔と来て次にくる攻撃です。

フィールドの中央を真横に飛んできます。

この時、燃えている方の腕の側にいると大ダメージです。
(現状ではタンク以外は即死です。)

塔(大)

最初のダイブを乗り越えると中心に大きな塔を出現させてきます。

今度は斬り倒さずに上に乗って来ます。

これはDPSチェックです。

どんどんハシュマリムのエーテルが貯まっていきを100%になると全滅させられます。

この時、無防備に殴らせれくれるわけではなく、フィールドを6等分した範囲のうち3つに交互に攻撃してきます。

その後、東西と南に砂玉が出現するのでパーティ毎に1個ずつ破壊します。

砂玉を殴っている時に頭割りのマーカーが各パーティに1個ずつきます。

この砂玉を破壊できないと、玉がはじけて全滅します。
(1個くらいなら残っても大丈夫ですがかなり痛いです。)

砂玉を処理したら再度塔を殴ります。

ループ

大体上記のもので1周です。

2周目は塔と大地のハンマーの出現が2本ずつになります。

あとはクエイジャの後以外にも追尾の地震が来ます。

途中でゴーレムの召喚が入ってきます。

これがまたDPSチェックになってます。

塔(大)を出してきませんが、フィールドを3等分して砂玉を出してきます。

区切られている部分はダメージを受けますが突破することは可能です。

砂玉を破壊すると、ダメージゾーンが消えてダイブに移行します。

ダイブの際に追尾の地震が来ることもあるので注意です。

道中


しばらく長く走ることになりますが、ここは戦闘なしです。

Bパーティだけは水中にいく道で、水中にある張り紙を読むことができます。

ロフォカレ


牙狼の雨宮慶太監督がデザインしたボスです。

こいつがラストだと思ってましたが違いましたね。

人馬戦車

ひとりをターゲットとした攻撃です。

これはターゲットに対しての突進攻撃で、この攻撃の後に180度の範囲攻撃をしてきます。

バルダムの1ボスのような距離減衰と勘違いしている人が多いのか、マーカーがつくと離れる人がいますが、大半の人が範囲攻撃を避けられなくなるので、近づく方がいいです。

蹂躙

非常に特徴的な攻撃だと思います。

8の字を描いて体当たりです。

巻き込まれると結構痛いです。

離れるのが定石だと思いますが、個人的には8の字の中の方が避けるのが楽だと感じました。

あと個人的に8の字の中で避けた方がかっこいいです。

この後にも180度の範囲攻撃をしてくるので、離れすぎるとそれを避けられなくなります。

独立独行

ロフォカレが飛び去ったと同時に外周に分身的なもの現れて突進攻撃をしてきます。

イフリートのものに似ていますが、同時に攻撃してきます。

並んでいるのを正面から見て一番右端に飛んで行った本体が加わるので、左端のやつを目指して走ると確実に安置になります。

ただ、距離が足りないとダメなので、左右のどちらかに走ることにします。

デーモン

DPSチェックです。

各パーティで1体ずつ受け持ちます。

カルンのボスのように外からの攻撃ができなくなるので、出現位置にある六角形にしっかりと入らなくてはなりません。

ボスが周回していて当たるとダメージ+スタンです。

デーモン自体も範囲攻撃をしてきます。

この攻撃は他のパーティにも届いてしまうので、できればタンクは外側に向けてくれた方がいいです。

ここでデーモンを倒せないとエーテルが溜まって究極履行で全滅します。

暗黒魔法陣

履行技の後に入ってくる技というより嫌がらせです。

全体が真っ暗になります。

この後に「独立独行」が来るので、明るくしないと避けるのが難しいです。

正直、個人的には難しいギミックではないですが、これが突破できない場合が多いです。

それはなぜかと言うと、魔法陣に入るだけで解除されると思っている人が多いです。

これはマハなどで全員が乗ることでダメージ軽減になるものがあったためでしょう。

しかし、乗るだけで大丈夫なものと、これのように調べなければいけないものの違いは明白です。

それはターゲットできるかどうかです。

乗るだけの魔法陣には名称がついていませんが、ターゲットできて調べる行動がとれるものは魔法陣の上に名前がついています。

アルガス


ラバナスタのラスボスはなんとFFTのアルガスです。

これは驚きました。

「家畜に神はいない」のセリフは印象的だったのでリターントゥイヴァリースのどこかで出てくるとはお思っていましたが、最初のダンジョンで出てくるとは思いませんでした。

しかもこのアルガス声付きなんですよね。

痛手

MTへの強力な攻撃です。

これが本当に痛いんです。

だからバフを合わせるだけでなくヒールも併せてほしい攻撃です。

神の啓示

種類の啓示が示されるのでその指示に従います。

従わなかった場合、ブレイブというデバフがついていきます。

3つ溜まるとチキンになります。

啓示は真と偽があり、真のときは従いますが、偽のときは逆の行動をします。

その他の行動

他にも危険な行動はありますが、啓示をミスってチキンになるのが一番危険です。

なのでチキンを回避できれば、壊滅を免れることができます。

まとめ


実装直後のわちゃわちゃした感じを楽しむなら今すぐに行くことをお勧めします。

しかし、これまでのレイドの中ではかなり難しい部類に入ります。

初めてクリアするには忍耐が必要です。

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。