【ハースストーン】ブラックロック・マウンテンの決戦【酒場の喧嘩】

Pocket

酒場の喧嘩『ブラックロック・マウンテンの決戦』

ブラックロック・マウンテンの支配権を賭けた、2大エ
ピック・ボスの最終決戦が幕を開ける…勝利の鍵を握る
のは君だ!

今週の酒場の喧嘩はアドベンチャーのボスになっての戦いです。

ルールは以下の通りです。

  1. ネファリアンかラグナロスがランダムに選ばれる
  2. デッキは専用のものが組まれている

2つ書きましたが、ほぼほぼボスになるの1つだけがルールみたいなものです。

それぞれのデッキ構成

今回は自分の取った戦術ではなく各ボスのデッキがどんなものだったのかを紹介します。

ボスなので普段の体力30マナ0スタートではないです。

ラグナロス

ラグナロスは体力60で武器を装備しています。

この武器はウォーリアーのクエスト「ファイアブルームの中心で」で手に入る「サルファラス」と同じ断末魔を持つ武器です。

6回自分で攻撃するとヒーローパワーがランダムな敵に8ダメージに変化します。

上記の初期条件は強力ですが、マナは普段通り0からのスタートです。

デッキの中身はコストの低めのカードが多いと感じました。

専用のカードなのでコストが低くても、スタッツの高いカードが多めでした。

「炎の王ラグナロス」のカードがエレメンタルに分類されていることもあってか、エレメンタルのミニオンが多めでした。

ネファリアン

ネファリアンは体力は30ですが、装甲も30着いた状態からスタートです。

また、最初から4マナ溜まった状態からスタートです。

スタートのマナが多いこともあり、デッキ内のカードはコスト高めです。

ミニオンはドラゴンが中心で、ドラゴンシナジーのカードも入っていました。

ヒーローパワーはランダムな呪文をコスト0で手札に加えるで、ある意味呪文は使い放題です。

まとめ

今回はボスになっての戦いですが、個人的にはネファリアンの方が戦いやすいと感じました。

体力が装甲分も合わせると60でどちらも差がないと考えると、マナ4つ分先に進んでいるのは非常に立ち回りやすかったです。

今回のようなボスになるような酒場の喧嘩では、普段体験できない戦い方ができるので、可能な限り両方のボスをプレイして欲しいです。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。