【ゼルダの伝説】決戦アグニム【神トラ2日目】

Pocket

初日は東の神殿をクリアするところまで進みました。

ゼルダの伝説神々のトライフォースをプレイしていきます。 1日目は東の神殿まで進みました。

神殿クリア後、ハイラルの南側を回って「ムドラの書」と「アイスロッド」を手に入れました。

今回は次の神殿に挑戦します。

Part3 砂漠の神殿へ

ハイラルの南西に位置する神殿を目指します。

東の神殿と同じく近くに祠がありました。

そこにいた長老に話しかけるとムドラの書について言われたので、本来は先にここで話を聞いて探しに行くものだったようです。

砂漠の神殿

入り口に像があって入れませんが、石板に読めない文字が書いてありました。

この石板の前でムドラの書を使うことので何が書いてあるのかがわかります。

文字を解読すると、祈りを捧げる事で入ることができることがわかります。

東の神殿が割と簡単だったので甘く観ていましたが、ここから本当のゼルダが始まったようです。

この砂漠の神殿は一回外に出て別の入り口から入り直さないといけないのですが、それに気がつかず上に進む階段を探し続けてしまいました。

結局マップの南西の出口から出て北側にある入り口から入るという簡単な作りでした。

パワーグラブ

砂漠の神殿の大きい宝箱に入っていたアイテムはパワーグラブでした。

これは持ち上げることのできなかった石を持ち上げることができるようになります。

さらに石4個分の岩も持ち上げられるようになります。

ダンジョンボス

今回のボスは巨大なワームが3匹です。

名前はラネモーラというそうです。

大体ゼルダはそのダンジョンで手に入ったアイテムを駆使してボスを倒すのですが、流石にパワーグラブでは戦えないので剣で戦います。

最初は弓でいけると思いましたがタイミング的に当てられず、最終的には回転斬りで待っているという状態を作って戦いました。

前回のボスは最後の1体になった時にパターンが変わりましたが、今回はそのような事はなく最後まで同じ動きでした。

Part4 目指すは山頂

2つ目の紋章を手に入れたので最後の紋章を手に入れるべくハイラルの北を目指します。

迷いの森に迷い込んだ

まだ行くつもりはありませんでしたが、カカリコ村から北に進んで入ってしまいました。

何となくどう進めばマスターソードのあるところに行けるのかわかりますが、このタイミングではそちらには向かわずに出口を探しました。

へブラ山

森を抜けた所にから東に行くと山の入り口がありました。

岩が塞いでいるので、砂漠の神殿をクリア後じゃないと来られない場所になっていました。

おじいさんと合流

途中でランプを無くしてしまったおじいさんを連れて登山することになりました。

道中で聞く話によると、おじいさんの娘もイケニエとしてお城に連れていかれてしまったそうです。

おじいさん曰くイケニエにされた娘はまだ生きていて「勇者」が現れるのを待っていると言います。

そしてリンクにマジカルミラーをくれます。

この時点では何も効果のない鏡でした。

山頂

山頂にあるワープゾーンみたいなものに触れると、辺りが一変しリンクがウサギの姿になってしまいました。

どうやらこれが魔法陣のようです。

先ほどもらったマジカルミラーを使って元に戻ります。

ここで気づきました。

場所は大体一緒だけど地形が違う事。

そしてそれを利用すると地形的に入ることのできない所にも入ることができるということを。

これを使い高くなっていて入れない所に入り飛び降りることで目的地に向かうことができました。

ヘラの塔

最後の紋章があるのはヘラの塔です。

ここは神殿ではなく「塔」となっています。

これまでの神殿と比較してかなりの多層構造になっていました。

1階部分の左上にある扉に気付かずなかりの時間を彷徨いました。

更に大きな宝箱を取る方法に気付けずこれも結構な時間をかけてしまいました。

ムーンパール

大きな宝箱の中身はムーンパールでした。

これは魔法陣の中に入っても姿が変わらなくなるというものです。

宝箱前にある石板には“必ず”入手して塔を出るようにと書かれていました。

この宝箱を取るために四苦八苦しました。

分かってしまえばい何てことはなく、上の階から落ちる時にどの方向から穴に入るのかが重要でした。

ダンジョンボス

今回のボスもワームタイプでした。

3つの紋章の内2つを守ってるのがイモムシでした。

名前はデグテールというそうです。

これは洞窟に出てくる雑魚モンスターが大きくなったようなやつでした。

攻撃が通るのは尻尾だけでした。

落とされるとやり直しなので、今回も前回と同じく回転斬りを上手く使って切り抜けました。

Part5 マスターソード

3つの紋章が手に入ったので迷いの森に向かいマスターソードを入手します。

森の最奥にはマスターソードが台座に刺さっていました。

台座の文字はムドラの書を使うことで読むことができます。

書いてある内容からしてナイトの一族だけがマスターソードを抜くことができるようです。

そしてマスターソードを抜くことができたので、リンクはナイトの一族ということになります。

前回のおじさんのセリフから回転斬りを使うことのできるある一族というのが、このナイトの一族ということになります。

ゼルダがリンクに助けを求めたのも、リンクがナイトの一族だということをわかっていたからかもしれません。

寄り道

マスターソードのマップから出るとゼルダからテレパシーです。

本当はここで教会に向かうところですが、まだ回っていないハイラルの北東側を少し探索します。

水かき

この頃のゾーラ族は完全な魔物扱いですが、ゾーラがいる所の最奥にいるゾーラは水かきを売ってくれます

500ルピー必要なのですが、この時点で持ち合わせがなかったので少し稼ぎに行きました。

想定外のイベント

本当は教会に向かうのは寄り道を終えてからにするつもりでしたが、ハイラル城の地下に行ってしまったので、教会に出てしまいました。

仕方ないので話を聞き、イベントが中途半端に進んだ状態にしてしまいました。

装備の強化

水かきを手に入れたので、2ヶ所の泉に向かいました。

ひとつの泉では、盾とブーメランを強化してもらいました。

もうひとつの泉では、合計100ルピーを投げ入れて爆弾の所持数を上げてもらいました。

矢と爆弾の所持数はまだまだ上げられそうなので、ルピーが貯まったらまたここにはくると思います。

Part6 決戦アグニム

このパートではハイラル城を攻略していきます。

動画では封印を斬るところから始まっていますが、ここに行き着くまでに10分くらい彷徨いました。

今回初めてゲームオーバーにならずに攻略することができました。

ただし、普通にやっていたらアグニムには負けていました。

直前の長老からのアドバイスで魔法を利用しろと書かれていたので、反射するのだと考えました。

時のオカリナで光球を打ち返すのをやっているのに、何故かこのタイミングではミラーシールドが先に思い浮かびました。

そのせいでマジカルミラーを使ってしまいました。

ダンジョン内でのマジカルミラーの効果はダンジョンの入り口に戻ることなので、ボス戦であっても問答無用で戻されました。

ボス戦でも使えるというのは驚きました。

アグニム戦

アグニムの撃ってくる魔法を剣で弾いて当てます。

適当に剣を振っていても当てられるともいましたが、剣の軌道が薙いでいるのでタイミングが悪く斜めに撃ち返してしまいがちでした。

クリア後に調べてみたら離れずに近くで剣を振っている方が安全だったようです。

まだまだ終わらない物語

アグニムを倒しましたが、アグニムはリンクを闇の世界に引きずり込んでしまいます。

周りの様子からここがへブラ山の山頂で魔法陣の先にあった場所だとわかります。

長老の声が聞こえてきて、闇の世界で7賢者の末裔を救うように言われました。

ここで初めて、闇の世界というのもをしっかりと認識しました。

2日目感想

1日目は1時間ちょっとのプレイ時間しか取れませんでしたが、今日はかなり長い時間を取ることができました。

今まで冒険してきた光の世界が終わり、これからは闇の世界を冒険することになるようです。

物語も一気に半分くらいまで進んだと思っていますが、きっとここから先は1つ1つのダンジョンが長くなってくるので、プレイ時間的にはまだまだ3分1にも満たないかもしれません。

アイテムが手に入るたびに行動範囲が広がって面白いのですが、やはりマスターソードが手に入った時が一番テンションが上がりました。

次回から闇の世界を冒険するので、これまで以上に迷子になる気がします。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。