Air Pods Pro購入&Apple Store川崎に行ってきました

デバイス
Pocket

12/14(土)に休みが取れたので同日新規オープンのApple Store川崎のオープニングに行ってきました。

Apple Store川崎

閉店してしまった所を除くと現状の日本10店舗目のApple Storeとなります。

場所はJR川崎駅出てすぐのラゾーナ川崎プラザ内です。

1階と言っていいのか分かりませんが、1階の広場前の角に位置しています。

物凄い行列

今回初めてApple Storeオープニングに行きました。

ビックリするくらいの行列でした。

並んだ最初の場所はどこかというとこちらです。

直線距離では200m程度ですが、実際の行列は1km近くありました。

自分は9:30くらいに並びましたが、その後も列は伸びていきゴールであるApple Storeまでは最後尾は2km近く離れてしまっていました。

並んだの時点ではオープンから1時間後の11時くらいにゴールできるのではないかと考えていましたが、実際にはオープンから2時間後の12時にストアの前にたどり着きました。

初めてのApple Store

オープニングどころか実はApple Storeの実店舗に行くこと自体が初めてです。

外から見るとそこまで広いように見えませんが、中に入ってみるとそれなりに広かったです。

流石にオープン当日なのでギチギチですが、入場数を制限しているので全く動けないというわけではありませんでした。

展示してあるMacは全て壁紙がApple Store川崎のロゴになっていました。

このロゴはカラフルな上にひらがなで書かれていてかわいいです。

もちろんオープン記念のノベルティをもらえました。

並んでいるときに近くで、ノベルティがなくなるのではないかと心配している人がいましたが、そんな心配の必要はないくらい用意されていました。

お恥ずかしい話ですが、当日までオープン記念のノベルティが存在することを知りませんでした。

Apple Storeに来た目的

上に書いた通りオープン記念のノベルティの存在を知らずに来ているので、目的は別にあります。

目的はOnline Storeでは1ヶ月待ち、その他の実店舗でも在庫がない状態が続いているAir Pods Proです。

前情報は一切ありませんでしたが、新規オープンなので在庫がそれなりに補充されているのではないかと踏んで朝から並ぶことにしました。

結果としてはこの記事のタイトルにもなっている通り無事購入することが出来ました。

並んでいる状態でTwitter等を確認していて、川崎に在庫があることは確認できていましたが、たどり着くまでに無くなってしまうのではないかと心配していました。

しかし、そんな心配は必要なく、購入時に今日は1人2つまで買うことができると言われました。

家を出る前にOnline Storeを確認したら丸の内で受け取ることができるとなっていたので、12/14はいろんな店舗に在庫が入っていたのかもしれません。

ただ、店員さんの話によると、やはり新規オープンなので川崎には多くの在庫を入れてもらったそうです。

今回の戦利品

ということで今回は、Apple Store川崎のオープン記念ノベルティとAir Pods Proをゲットしてきました。

それぞれについてちょっと見ていきます。

ノベルティ

正方形の箱の中には3つグッズが入っていました。

ピンバッジ

まずひとつめはピンバッジです。

オープニングイベントで毎回その店舗のロゴのものを配布しているということを今回初めて知りました。

これは集めたくなるのも分かります。

台紙の裏にはApple川崎と書かれていました。

そして、これはピンバッジだと思っていたのですが、実はマグネット式でした。

結構強力なのでそう簡単には落ちたりしないと思いますが、ピンバッジと比べると不安が残るので付ける所は注意が必要かもしれないです。

シール

アップル製品を買うと入っているリンゴシールの川崎版です。

これもコレクション用かな?

エコバッグ

箱内の大部分を占めているのがこれです。

謎の布でできていて作りもしっかりしています。

普通にリンゴマークが描いてあるだけなので、普段使いも可能です。

Appleは購入時に袋に入れてくれますが、これに入れてもらった方が良かったかもしれません。

Air Pods Pro

今回のメインの目的です。

お値段27,800円+税に加えて今回はAir Pods Pro向けのAppleCareにも入りました。

対応してくれたお兄さん曰く、どうしてもAir Podsは小さくバッテリーの消耗が激しいので、保証の切れる手前くらいでしっかりとAppleへ連絡してバッテリーがヘタっていることを伝えれば無償交換してくれるそうです。

仮に2年でバッテリーがダメになるとすると、無償交換も含めて4年は使える計算なるので高い買い物でしたが、コスパは悪くないと思います。

同梱物

まず開けるとiPhoneなどと同じく簡易説明書が乗っていてその下に本体があります。

本体とその周りを取り出すとケーブルとイヤーチップが入っていました。

ケーブルは今年のiPhoneにも付属していた謎のUSBc to lightningとなっていて、アダプターが付属していないので非常に使いづらいものです。

イヤーチップはデフォルトでMサイズが本体に着いていて、SとLが交換用として付属していました。

全て試してみましたが、自分にはデフォルトのサイズが丁度でした。

実際に使ってみて

数日使ってみた感想としては、Air Podsの進化系だと思ったら進化ではなく別物でした。

Proはカナル型イヤホンになっているので、装着時の感覚が違います。

耳栓のようになっているので新しい機能が追加されています。

3つのモード

それはノイズコントロールです。

画像の中央にある、ノイズキャンセリング、オフ、外部音取り込みの3つのモードから選べます。

ノイズキャンセリング

文字通り周りのノイズをシャットアウトします。

これが中々の静寂を作り出してくれます。

危ないので歩いている時はこの機能は使わない方がいいです。

オフ

文字通り特別な機能が働いていない状態です。

自分の体内音なのかどうか分かりませんが、この状態だと「ゴゴゴゴゴ」という音が聞こえます。

もちろん音楽等を流せばそのような音は聞こえません。

外部音取込み

文字通り外の音を取り込みカナル型でありながら、周りの音を聞くことができるようになるモードです。

移動時などに使うならこれがデフォルトになると思います。

これのすごいと感じたところが、ただ外部音を取り込んでいるのではなく、ある程度の環境音を遮断してくれます。

雑音を消しつつ人の声などは拾ってくれます。

切替方法

iPhoneのBluetoothから変更することもできますが、結構面倒なのでAir Pods Proの側面ボタンを長押しすることで切り替えができます。

Air Podsにはなかったボタンが Proには付いているので、これまで本体タップで使用してきた機能がボタンを押すことで使う機能になりました。

ボタンになったことで、ノイズコントロールのモード切り替えもできるようになります。

まとめ

今回は目的の物も買うことができたので非常に満足です。

初めてのApple Storeでノベルティも貰えたので、また機会があったらApple Storeのオープニングに行ってみたいと思います。

今回は人がいすぎてそれどころではありませんでしたが、Appleのワークショップにも参加してみたいので買い物の予定がなくてもApple Storeに行く予定を立てたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました