バイタルブレス1ヶ月の出来事

ゲーム
【デジモン】3日間使用感【バイタルブレス】
バイタルブレスを3日間使ってみてのレビューです。 良いところを紹介しようと思っていたのですが不満点いっぱい書いてしまいました。

バイタルブレスを使いデジモンテイマーになってから1ヶ月が経過しました。

今回はこの1ヶ月に起こったことを書いていきます。

4月中の公式の動き

4月は公式側でもかなり多くの動きがありました。

どん底であった4/1から始まり4月末にはむしろ良くやってるみたいな感じになっています。

テイマーズDim

4/1に突如プレミアムバンダイにて販売開始となったデジモンテイマーズ20周年を記念したDimカード。

新しいDimカードが発売されること自体は良いことなのですが、その販売方法が非常に非情なものとなっていました。

なんとオンラインガチャという形での販売です。

Dimカードは性質上1人1枚だけあれば十分な商品です。

しかし、ガチャというシステムで全てを揃えることが難しく、使い道のないものがダブってしまう人が多数現れました。

かく言う自分もその1人です。

最初は4回で終わりにしようと思いましたが、レナモン2、モノドラモン2という結果でした。

デジモンテイマーズを最初から最後まで見たことがないので、モノドラモンは全く知らないデジモンです。

流石にギルモンかインプモンのどちらかは手元に欲しいので更に4回引きました。

結果は、レナモン2、ギルモン2となりました。

最終的にインプモンは0でレナモンが4というかなりの偏りがあると言わざるを得ない結果に行きつきました。

更に引きに行ったのは自分の落ち度なのでダブったことに関してはバンダイに文句は言いません。

また4種類なのにも関わらずメインキャラクターであるテリアモンのDimカードがないというのも批判の対象になっていました。

ガチャということに加えてラインナップに対する不満が4/1からかなりの量が投稿されていました。

更に、価格が通常販売のそれと同じに設定されていながら完全体までは一本道となっていることも大きく評価を下げています。

これを受けてかそれとも最初からその予定だったのかわかりませんが、このガチャでの販売期間は元々5月までであったところ4月半ばで予定数に達したということで終了になりました。

ただ予定数が決まっているならば最初から4つセットとかで受注販売にすればよかったのではと疑問が残ります。

そしてこれらの数々の意見を受けてこのようなガチャ販売は今回で終わりにすると公式からも明言されました。

また、ダブりに対しての救済には一切なっていませんが、テイマーズDimに関しては保存カプセルが2こもらえるらしいです。

メダロットコラボ

上記のテイマーズDimと同日4/1にもうひとつ大きな発表がありました。

同じくプレミアムバンダイにおいて予約開始となった復刻版メダロッチにDimカードが付属するということが発表されました。

詳細は不明な状態でしたが、昨年のエイプリルフールネタとして発表されたメダロットとデジモンのコラボキャラクターのDimカードであることだけが漠然とわかっている状態でした。

これに対して同日のテイマーズDimのことも相まってかなりの数の批判が出ていました。

悟りを開いてメダロッチを予約した人もいたほどでした。

メダロットの公式生放送内でこのメダロッチに付属するDimカードに関しては後ほど単体での販売をするという発表がありました。

かなり迅速な対応であったので、数々の意見が公式側に届いていたみたいです。

その話から数週間後の4/28に製品版の予約が開始されました。

かなりの人気商品になっていたようで現在は予約が締め切りになっていて二次予約も予定されています。

通常販売のDimカードが全然買えないこともあってこれに関しては発表後すぐに予約をしておきました。

Dimカードの中身も公開されており、究極体は2体しかいませんがおそらく両方とも特定の完全体2体からのジョグレスではないかと思っています。

内容がこれだけしっかりしているだけにテイマーズの方はどうにかならなかったのかと残念です。

トライアル版の製品版Dimカード

トライアル版として配布されていたブラックロアーとシャドーハウルの製品版が正式に発表になりました。

マッドブラックロアーとトゥルーシャドウハウルとなり4/16より予約が開始されました。

4/1のあれが異常であったこともありこちらはかなり良い中身になっています。

元々トライアル版にいたデジモンに加えて、そこまでデジモンに詳しくない自分が見てもなかなか良い収録なのではないかと思います。

こちらも予約開始してすぐに予約をしておきました。

ここで気になるのは製品版とトライアルばんの扱いについてです。

トライアル版に上書き扱いなのか別扱いなのかを教えて欲しいです。

ヴォルカニックビート&ブリザードファング

4/17に通常のDimカードが発売されました。

この4/17に至るまでに情報量が多すぎて霞んできていましたが、新しいDimカードが手に入るというのは良いことです。

Amazonでは予約できなさそうだったので今回はヤマダ電機の通販で予約購入しました。

発見した時はまだまだ余裕そうでしたが数日後にはもう予約が締め切られていました。

6月のDimカードも手に入るか今から不安になっています。

アプリについて

4月も終盤に差し掛かったとき残念なお知らせが入ってきました。

それは4月末から予定していたアリーナバトルの延期です。

これを楽しみにしていた人たちはかなり悔しかったと思います。

この延期に際して実装時に何かくれると言っていましたが何か違う気がします。

それとは別にゴールデンウィークに楽しんでほしいということで保存カプセルが4つ配布されました。

こちらは気前がいいという感じもしますが、Dimカードに収録されている究極体を全て保存しようとすると全然足りないのでもっと配ってくれても良いはずです。

この後にオメダモンのDimカードの予約が開始されて4月が終了しました。

本当に4月はいろいろな動きがありました。

デジモン育成状況

公式側の動きをダラダラと書いていきましたがここから自分のお話です。

5/3現在の育成状況としては、手元にあるDimカードで各1体ずつの究極体への進化が完了しました。

育成した究極体はそれぞれそのDimカードの成長期の正統進化系です。

一応各デジモンを紹介しておきます。

カヅチモン ワクチン種

ヴォルケニックドラモン ウィルス種

ヘクセブラウモン データ種

ブラックウォーグレイモン ウィルス種

以上の4体が今いる究極体になります。

まだまだ育成可能なデジモンがそれぞれのDimカードにいるのですが、しばらくはこれらの究極体のデジモン達のバイタルを上げてそれぞれのアドベンチャーミッションのクリアを目指します。

Dimカードの再インストールが面倒だったので最後に育成していたヴォルケニックドラモンからバイタル値アップをしてヴォルカニックビートのアドベンチャークリアを最初の目標にします。

これからの予定

8月〜10月はプレバンのDimカードがそれぞれ届く予定になっています。

5月は新しいDimカードの発売はありませんが、アプリ側でのアリーナバトルやレイドバトルが実装されるはずです。

なので上記の通り究極体のバイタルをしっかりと上げておき各種バトルの準備をしていきます。

そして今気がかりなのは6月の通常販売のDimカードを購入することができないかもしれないということです。

4月のDimカードと同じようにヤマダ電機で買うことができればと考えています。

しかし現段階ではまだ予約が開始されていないので逐一サイトをチェックしていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました