【ハースストーン】昔を思い出せ【酒場の喧嘩】

Pocket

酒場の喧嘩 『昔を思い出せ』


今週の酒場の喧嘩は自分でデッキを構築して戦うことになります。

ルールは以下の通りです。

  1. フォーマットはスタンダード

  2. 使えるセットは基本とクラッシック

  3. レジェンドとエピックは使用不可

この3つを守ればどんなデッキでも大丈夫です。

今回の戦術


いつも通りメイジを選択してデッキを組んでいきます。

今回は高レアリティのカードが使えないので、「大魔術師アントニダス」などの切り札になりうるカードが使えません。

なので今回は低コストでコンスタンスにアドバンテージを取っていくようにします。

そもそも酒場の喧嘩は、早く1勝が欲しいと思ってアログ系のデッキを組んでくる人が多いので、レジェンドはなくても大丈夫です。(あったらあったで便利ですけど)

今回の題名にも入ってる『昔』の通り、ゲームを始めた頃に使っていたようなデッキを組むことになりました。

コスパのいいミニオンでボードを取って、呪文でバーストダメージを狙っていきます。

基本的には普段と同じ感じですが、今回のデッキのポイントは「グルバシの狂戦士」です。

グルバシの狂戦士


このカードの効果は

ダメージを受けるたびに攻撃力+3

となっていて、メイジのヒーローパワー「ファイアブラスト」で能動的に攻撃力を上げることができます。

基本カードで体力も高く相手のターンで処理されなければ、自分のターンに攻撃力5/体力6のミニオンとして攻撃に参加させることができます。

ゲームを始めたころはまだレジェンドなどの切り札となるカードがなかったので、このカードにはかなり助けられました。

今回の酒場の喧嘩でも活躍してくれました。

遭遇率の高かったデッキ


今回は1勝するまでに4戦しました。

その4戦全ての相手が「フェイスハンター」でした。

基本カードに

殺しの命令

獣の相棒

クラッシックカードに

イーグルホーン・ボウ

猟犬を放て!

があり顔面を殴り続けるのに有利なカードがそろっています。

対策としては挑発を持つ体力の高いカードを用意することです。

自分はメイジで1勝するのにこだわっていましたが、特にこだわりがないなら「フェイスハンター」を組んでミラーマッチを制すると楽かもしれません。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。