【ハースストーン】ワイルドで行こう【酒場の喧嘩】

Pocket

酒場の喧嘩『ワイルドで行こう』

少々荒っぽくなってきな!クラスを1つ選んでくれ。
この戦いにピッタリのワイルドなデッキで
武装させてやるぞ!

今回の酒場の喧嘩もクラスを選ぶだけで即スタートです。

ルールは以下の通りです。

  1. クラスは自分で選ぶ
  2. デッキはあらかじめ組まれている
  3. フォーマットはワイルド

タイトルにもある通りフォーマットがワイルドなデッキでの戦いとなります。

デッキの中身

今回のデッキはランダムではなく、フォーマットワイルドでしっかりと組まれているデッキになっていました。

メイジの場合

ここでは自分が使ったメイジのデッキを参考に紹介します。

ゲーム中に手札に来たカードだけを選ぶとこのような構成でした。

全てのカードが2枚ずつ投入されていたとしても2枚足りないので、もう1種類「秘策」が入っていたかもしれません。

メイジのコンセプトは言うまでもなく「秘策メイジ」でした。

運用としてはスタンダードでの秘策メイジに近いので、非常に使いやすいものでした。

今回は初手からカバールの下っ端と複製が2枚ずつ来たので、序盤から攻めていく事ができました。

他のクラス

メイジが秘策であったように他のクラスも一定のコンセプトでデッキが組まれているようです。

今回の対戦相手はローグでしたが、デッキは武器に重きを置いているように見えました。

武器に関係する効果のミニオンが投入されているので、必然的に海賊が入ってきて効果が弱体化されたパッチーズが登場していました。

まとめ

今回はワイルドで組まれたデッキでの対戦なので、普段スタンダードで遊んでいる身からすると新鮮な感じがしました。

おそらくワイルドの構築戦になると、非常に理不尽なデッキで来る人が多いと思うので、このようにワイルドだけど、すでに組まれているデッキでの対戦くらいがワイルドを体験するにはちょうどいいと感じました。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。