【FF14】禁断の地エウレカをクリア

Pocket

4月の半ばから5月までのおよそ1か月間で、パゴス編実装時から放置していた禁断の地エウレカを集中的にプレイしてきました。

色々な緩和があったこともあり、サクサクとレベルも上がり遂に昨日(5/21)にサブステまで含めたエウレカウェポンが完成したので、一応のクリアとなりました。

エウレカウェポン

今回作成したエウレカウェポンは2本です。

アネモスの時は4本くらい作れると思っていましたが、パゴス実装当時のマズさもあり1本が限界かと思いましたが、なんとか2本作ることができました。

赤魔道士

1本目はメインジョブの赤魔道士です。

赤魔道士の武器はブルネロ・エウレカです。

最初に完成させた武器ですが、サブステは後で付ければいいと思い何もついていない状態で強化を進めました。

ブルネロって聞いたことがあると思い調べてみると、FF11で所謂コイン武器と言われるものでした。

特別なステータスはついていませんでしたが、シャンデュシニュという特別なWSを使うことができるようになるものでした。

記憶ではステータスや効果が付いているアルマスを作ったので、WSしか撃てないこちらは作らなかったので名前を聞いたことがある程度でした。

暗黒騎士

2本目は漆黒で主人公だと言われている暗黒騎士です。

暗黒騎士の武器はシフィアス・エウレカです。

次に完成させた暗黒騎士の武器は、しっかりとピューロスでステータスをつけてから強化をしました。

今回のサブステはこのようになりました。

クリティカル570
スキルスピード200
不屈200
合計970

調べたところによると、一応800越えが目ざるラインだと言われているようなのでかなり満足のいくステータスを付けることができたと思います。

このステータスを見ると、不屈がいらないという人もいると思います。

4.0で追加された不屈が結局いらない子扱いされた2年だったので、5.0でのバトルシステムの大きな改編と共に不屈が重要ステータスになると皮算用しています。

シフィアスという名前に全く覚えがなかったので調べたら、こちらもFF11のメイジャン武器でした。

赤魔道士のブルネロと同じく、所謂コイン武器でトアルクリーバーというWSを撃つことができるようになる武器でした。

FF11時代は両手剣を使っていなかったので全く馴染みないものでした。

ただこの武器の見た目は非常に気に入っています。

両手剣は刃が厚めの物が多い印象なので、珍しく薄く洗練された刃といった感じなのが気に入りました。

5.0まで残り1ヶ月

まずはサブステを一切つけていないブルネロのために、しばらくはまだピューロスに通うことになりそうです。

余裕があれば防具の方も作っていきたいですが、BAはちょっとつらそうなので補正装備は手に入らないで終わりそうです。

ブルネロのステータスが完成したら、まだ60代前半のクラフターのレベルを上げていきたいです。

理由としては、5.0でレベルが80になったときの装備を修理するために、各種レベル70のクラフターが必要になってくるからです。

クラフターのレベリングはこれまで主にGC納品と蛮族デイリーで行なってきました。

本格的にレベリングするのであればここにギルドリーブを加えて一気に上げていきます。

今ちょっと困ってること

今はナギ節と言われていていろいろな活動が消極的になっています。

4月に入ってみたLSも入った当初こそ活発でしたが、最近はめっきり交流がなくなってしまいました。

ここしばらく完全なボッチとして活動してきましたが、ボッチを卒業すべく活動を開始しました。

4月はフレンドも増えたりしてMMOの良さを再確認できましたが、5月になってみんな活動しなくなってしまいました。

5.0でまた活発になると思いますが、やっぱりさみしく感じてしまっています。

もっといろんな人との交流を持っていかないとまたすぐにボッチになってしまいそうで怖いです。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。