【FF14】第41回PLLを観て【感想・考察】

Pocket

1/19に第41回プロデューサーレターライブが行われました。

例によってリアルタイムで視聴することができなかったので、タイムシフトでの視聴をしました。

今回は遅ればせながら発表された内容の紹介とそれに対する自分の感想と考察を書いていきます。

パッチ4.2実装日

まずは気になる実装日です。

1月下旬だと年末に発表されているので、もう23日か30日のどちらかだろうと予想していた人がほとんどだと思います。

実際はこうなりました。

多く人の予想通り1/30(火)となりました。

予告通り1月下旬と捉えるのか、それともギリギリ1月だったと捉えるのかで見方が変わってきますね。

メンテは久し振りの24時間メンテです。

コンテンツ特集Part2

ここからはPLLのスクショと共に、実際の実装コンテンツについて追っていきます。

おさらい

前回のPLLで発表された内容です。

4枚目を見てもらえばわかりますが、おさらいなのになかった項目があります。

白虎征魂戦

まさかの人型での戦闘です。

PLL冒頭のトレーラーを見ていきなりビックリしました。

「ひたすらトラ殴ってるのは……」と吉Pが言っておりました。

戦う場所には水があります。

既に嫌な予感がします。

右手にトラが付いています。

これから先の四聖獣も右手がこうなってるんですかね。

報酬は武器で、スサノオやラクシュミよりは難しいそうです。

吉Pの話では、ギミックを予習すればクリアできる感じのようです。

ただ、それは初見の予習した吉P+完全に理解した7人だったので何とも言えないそうです。

とりあえず楽しめるそうです。

バトル関連

まずは4.0の時点から騒がれていたジョブ調整です。

いつも通り各ロール内での横並びを意識してます。

侍、赤魔道士、吟遊詩人、竜騎士、忍者は調整が入っていません。

焦点は黒魔道士がどうなったかですが、まずはタンクからいきます。

タンク

ナイト

ナイトは他の2ジョブに対してDPSが突出しているので、DPSを下げる調整がされます。

これに対して文句を言っているナイトはそこまでいないようです。

3.x時代を乗り越えてきたナイトはこれくらいの調整では動じないようです。

戦士

戦士の調整はかなりの項目数があります。

項目数が多いのでパッチノートを見ることが1番手っ取り早いそうです。

自分が戦士をやっていないので効果調整を見てもピンときませんが、原初の直感とバーサクのコンパチが変わったのは大きな変更なのだということはわかります。

暗黒騎士

暗黒騎士は戦士と同じくDPSのアッパー調整がされます。

また使い勝手の向上も図るようです。

3.xの時と大きく戦闘スタイルが変わったと思っているので、以前のものに近づいてMPの放出と回復が短いサイクルで行えるようになると、嬉しいなと絵空事を考えています。

レンジ

機工士

ハイパーチャージの効果が元に戻ります。

ついこの間から機工士を上げ始めたので今はわかりませんが、引き下げられるということは強すぎるという判定だったんですね。

キャスター

ここは自分にとって関係ある部分です。

赤魔道士は特に変更がないらしいので、まずは安心です。

黒魔道士

ここが1番注目されてるところだと思います。

非常にわかりづらいとかなり予防線を張っています。

  1. 蘇生が入るようなことはない
    これは頑なに吉Pが言ってることなのでないです。
  2. ファイジャ威力アップ
    まずは主力のファイジャの威力アップです。
    単純にDPSを出しやすくなります。
  3. サンダー系とファイガのプロック時間
    これが延長されます。
    実際に触って見るとわかりますが、いいところでプロックが切れてしまいます。
    それがなくなるとなると使いやすくなります。
  4. エーテリアルステップのリキャスト
    これが10秒になります。
    上手く使って自分で走るのではなくパーティメンバーの場所に飛べってことなのかもしれません。
  5. トランスのリキャスト
    驚異の8秒にまで短縮されます。
    これまでも上手く使えばトランスだけでエノキアンを維持できましたが、意外とギリギリだったのでかなり余裕を持たせてくれるようです。

注目度が高そうなので、いろいろと書いてみましたが、メイン黒魔道士の人はこの調整をどう見るんですかね?

やはりエンドで席のある無しで論点になっている蘇生が入らなかったことで憤る感じなんでしょうか。

自分のようなライトプレイヤーは「黒魔道士ちょっと使いやすくなりそうでいいなぁ」と思ってしまいますが、ガチな方々には怒られてしまうのかもしれません。

召喚士

範囲火力が壊れているとのこと。

強くしすぎたのでナーフ調整が入ります。

これもやはりバランスを取るに含まれるのかもしれません。

メレー

モンク

疾風の極意に迅雷付与。

桃園が自分にも効果が乗ります。

マントラ、踏鳴のリキャスト短縮。

モンクは2.x時代に少し触って放置してしまっているので、よくわかってないです。

ヒーラー

3ジョブとも使い勝手を向上する調整を入れるようです。

マイナスはないそうです。

学者

深謀遠慮の策は時間が切れたら効果が発動するように変更されます。

HPが半分を切ると発動する効果なので、発動しても全快にはならない上、マジメに働いている場合に効果が無駄になってしまうことが多々ありました。

そこで、オーバーヒールになったとしても時間切れで効果が発動するようになります。

これは嬉しい変化です。

むしろ何で最初からそうなってないんだって感じもします。

ロールアクアション

ディヴァージョン

敵視抑制効果がアップ。

これまでは50%でしたが90%抑制になります。

効果時間も15秒から30秒に延長です。

戦闘開始時にこれを使えば基本的にはタゲが飛ぶことはなくなる感じですね。

IDに行く時は入れているので、これで事故が減るならありがたいです。

属性パラメーターについて

とりあえずキャラクターから削除です。

エウレカに属性を使っていくらしいです。

キャラクターからは削除しますが、コンテンツでは使っていくことになるようです。

ハウジング関連

予告通り土地が追加されます。

パッチ実装から1週間後です。

購入条件

今回は新しい条件が追加されます。

今後はこの流れで土地を追加していくそうです。

転売対策

今回から対策も入ります。

これは健全なプレイヤーからするといい対応だと思います。

吉Pも複数軒持ってる人は手放して欲しいとも言っています。

次元の狭間オメガ:シグマ編

Σ1層

1層は魔列車のようです。

柵は頑丈ですが零式には柵自体がないらしいです。

トレーラーで列車の上を走っていたりしたので、ただ魔列車と戦い続けるわけではないようです。

Σ2層

2層はデルタ編と同じくコンテンツアクションがあります。

これが墨のようなものを撒き散らすものなので、周りの絵画と関係しているのではないかと思います。

零式実装

遅らせて欲しいとの意見がありますが、結論から言うと今回は同時実装です。

理由は、遅らせるとILが上がってしまうので難易度調整と食い違ってしまうからです。


1層の魔列車とトレーラーの最後のケフカから今回はFF6からの出張ボスのようです。

デルタ編のネオエクスデスを考えると、今回は零式で心無い天使が来る可能性がありますね。

混同されてる人もいますが、セフィロスは片翼の天使です。

楽器演奏アップデート

UIが新しくなるのは前回から発表されています。

更に、音色が増えるだけでなく色々な部分が変わっています。

楽器演奏専用の音量調整バーが入ります。

最初は一律ですが、ゆくゆくは自分と他人を別けることができるようにするそうです。

本当に何処を目指してるんですかね(褒め言葉)

ファッションチェック

前回忘れられていたファッションチェックです。

吉P曰く「俺は悪くねー誰も指摘しなかっただろ」らしいです。

これはゴールドソーサー内の新しい遊びです。

毎週火曜日お題が出されます。

金曜日からチェック開始です。

4回まで挑戦できて80点超えると大量のMGPがもらえます。

参加するだけで10,000MGPもらえます。

ファッションチェックを達成していくと、NPCが販売するアイテムが増えていきます。

NPCを着替えさせることでファッションチェックにする構想もあったらしいですが、着替えさせるのはお得意様に入るそうです。

クロの空想帳アップデート

直接の報酬ではなくクロちゃんトークン(仮)制になります。

ストックしておいて欲しいものと交換できるようになります。

武具投影アップデート

遺失物管理人を上手く使って欲しいとと宣伝がありました。

よくよく考えると使ったことないかもしれません。

更に宿屋のミラージュドレッサーの隣の愛蔵品キャビネットの宣伝もされました。

こちらは可能なものはどんどん入れていますが、イマイチ入りが悪いんですよね。

その辺ががある程度改善されるようです。

タンスの機能をおさらいします。

  1. 幻影化した装備はなくなる
  2. 幻影はいくらでも使用可能
  3. 幻影化時に触媒消費
  4. 愛蔵品キャビネットからプレートに転写
    これは今回発表されたものです。
    愛蔵品キャビネットはタンスの一部に化けました。
    なので、キャビネットに入るものを幻影化するのは非常に勿体無いものとなります。

愛蔵品キャビネットがかなり良くなりました。

タンスの容量は200ですが、キャビネットも含めるとかなりの数になってくきます。

負荷が大きいので5都市とゴールドソーサーでのみでプレートの使用が可能です。

ハウジングエリアはできないので注意が必要です。

このドレッサーのプレートを使わなくても従来通りのミラプリも可能です。

まとめ

PLLのタイムシフト見ながら書いていたらかなり長くなってしまいました。

24時間メンテをするだけあってかなりのボリュームです。

実装まで1週間程度なので、今から楽しみです。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。