【ハースストーン】影分身【酒場の喧嘩】

Pocket

酒場の喧嘩『影分身』

好きな枚数のカードでデッキを組んでくれ。合計30枚になるよう、「影分身」が追加されるぞ。「影分身」は直前に使ったカードをコピーするカードだ!

今週の酒場の喧嘩は自分でデッキを構築します。

割と自由との高いルールなので色々と遊べそうです。

ルールは以下の通りです。

  1. フォーマットはワイルド
  2. 30枚カードを選ぶ必要はない
  3. デッキが30枚に満たない場合残りは「影分身」で補充される

大まかにはこの3つです。

ルールの関係上ワイルドのデッキを普通に組むことができます。

しかし、「影分身」が便利なカードなので30枚カードを選ばずに遊びを持たせた方がいいかもしれません。

今回の戦術

今回はワイルドのカードが使えるので、フレイムウェイカーを入れたテンポよりのデッキを組みました。

一番高いコストでファイアーボールのコスト4にして、デッキの半分くらいを「影分身」にしました。

影分身

今回のルールのキモです。

直前に使ったカードのコピーになるカードですが、ひとつだけ注意が必要です。

この直前というのは同じターンという制限があります。

前のターンの最後に使ったカードを保存して置くことはできません。

その他の特別ルール

ルールには書かれていませんが、普段のゲームとは違うところがあります。

それは後攻プレイヤーの手札です。

通常ですとゲーム開始時に「コイン」のカードが追加されますが、今回は新たに1枚ドローされるというものです。

おそらく「影分身」の効果の関係上、「コイン」が手札に入ってしまうと連続して使うことができてしまい、1ターン目から高コストのカードを使えてしまいバランスが崩壊してしまうからかもしれません。

まとめ

今回はデッキを好きに組むことができるので、やりたいように戦うことができます。

おすすめとしては、15枚から20枚程度使いたいカードを選んで残りのカードを「影分身」にすることです。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。