【FF14】パッチ4.18ファーストインプレッション

Pocket

12/13に新しいパッチが実装されました。

今回のパッチは新しいコンテンツが実装されるものではなく、調整関連のみとなっています。

その中でも自分に関係している部分だけをかいつまんで考察します。

バトル関連

今回はバトル関連の調整があるだけでした。

デルタスケープ

まずはオメガデルタ編4層で取れる「デルタスケープ」です。

これまでは週1個の制限がかかっていましたが、今週からその制限がなくなりました。

そして、これまではその「デルタスケープ」を使って得られる「旧規格トームストーン」は交換の7個必要でしたが、これが4個になりました。

これまでは7週通ってやっと万物武器を手に入れることができていましたが、今週より万物が用意できることが条件ですが、4回4層をクリアすることで武器を手に入れることができるようになりました。

ラバナスタ古銭

そしてもうひとつは、ラバナスタで手に入る「ラバナスタ古銭」です。

「デルタスケープ」と違い、こちらはまだ週制限は解除になりませんが、交換できるものが増えました。

これまでは万物装備の防具とアクセサリーを強化するものと交換することができました。

今週より更に万物武器を強化することのできる「ロストアラガン強化薬」と交換することができるようになりました。

万物武器が手に入りやすくなったので、人によっては真理武器から一気に万物武器の強化の「Re」までILが310から340まで上がることになります。

偶数パッチ交換のIL大盤振舞ですね。

PvP関連

ライバルウィングズに関する調整が入っています。

これまでだったらPvPの調整は自分には関係ないものでしたが、今はライバルウィングズに通っているので初めて自分にも関係しているPvPの調整となります。

調整点は3つでした。

もっと大きくジョブ間の調整をしてくるのではないかと思っていましたが、それはお預けのようです。

青燐水タンクの数調整

タンクの数が調整されたというのは増えたのか、それとも減ったのか書いてないのがちょっと不安です。

減っている方が、昨日の記事で書いた水汲みおじさん問題が解決されると思います。

オートマトン移動速度上昇

これはかなり変わっているのがわかりました。

明らかに早くなっています。

詠唱ありの魔法は1発が限界です。

2発目は詠唱途中で範囲外に出てしまうことが多いです。

おそらくPCと同じ移動速度になったのだと思います。

これはいい調整だと思います。

マトンプッシュがこれまで以上に効果的にな戦術になってくると思います。

スチームカノン調整

全体的に下方修正です。

おそらく、機工兵器以外が一撃で落とされてしまうのをなくすための措置だと思われます。

現実的に言えば、歩兵は砲撃が直撃すれば一撃のもとに葬られてしまうのが常ですが、やはりゲームなのでこれくらいがちょうどいいのかもしれません。

まとめ

今回のパッチはバトルの調整だけなのでパッチ4.15のように新しいものはありませんでした。

「デルタスケープ」と「ラバナスタ古銭」のようにILを上げることができるアイテムが緩和されていくのは、次のパッチ4.2に向けた準備をしておけということなのでしょう。

ライバルウィングズはまだまだ調整不足という感じがします。

以前から逆転しずらいゲームだと思っていましたが、今回の調整でより攻め手が有利な状況になっています。

今後の調整に期待したいです。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。