新しい手帳を使おう

Pocket

12月になりいよいよ今年も最後の月となりました。

次の年の準備をしなければいけない時期になってきました。

と言っても特別用意するものは何もないんですけどね。

そんな準備も何もしない私ですが、準備しているものもあります。

それは手帳です。

去年までは違うものを使っていましたが、今年からは『ほぼ日手帳』を使っています。

今年の手帳


今年は「オリジナル」の「MOTHER2 1994」を使っています。

2002年版からはじまった 「ほぼ日手帳」は
ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が作っている
17年目をむかえる手帳です。
大きく分けると4タイプ。
文庫本サイズの「オリジナル」、A5サイズの「カズン」、
週間タイプの「weeks」、英語版の「Planner」。
オリジナルとカズンには、
半年タイプの分冊版「avec(アヴェク)」もあります。
また、新アイテム「ほぼ日5年手帳」も仲間入りしました。
あなただけの「LIFEのBOOK」としてお使いください。

ほぼ日手帳2018販売ページより

使用し始める前は毎日書くなんて無理だと思っていましたが、意外にも毎日書けています。

日によっては丸一日何も書かずに日付が変わってから書いたりもしています。

使い方


前に自分の使い方を紹介したくて書いてあったページがありました。

元々はマス目も無視したアイディアノートにしようと思いましたが、結局普通の日記になってしまいました。

元々Evernoteに毎日記録をつけていたので他愛もない内容を書くことには慣れていました。

それをデジタルからアナログにしただけなのでそこまで苦ではありませんでした。

今年しっかり書けたので、来年も同じように使っていこうと考えています。

来年の手帳


来年の手帳は「MOTHER2/MOTHER3 どせいさん」です。

糸井重里がゲームデザインを手がけた
ゲームソフトのシリーズ『MOTHER』。
2018年版のほぼ日手帳では
その『MOTHER2』と『MOTHER3』に登場する
人気キャラクター、どせいさんが
大きくフィーチャーされたカバーができました。
はじめての、フェイクレザーを使った
『MOTHER』シリーズの手帳カバーです。

色は『MOTHER』にふさわしい、深い赤。
カバー表側の正面には、
大きく型押しされたどせいさんがいます。

販売ページより

カバーは別に使いまわせるので買わなくてもいいのですが、やはり新しいものにしたいですね。

このカバーは合皮仕様なのでカバーオンカバーはついていませんでした。

今からこれを持ち歩くのが楽しみです。

今年と同じオリジナルですが、来年は半年で分けられている「avec」にしました。

オリジナルには十分満足していますが、1点だけ不満な部分がありました。

それは厚みです。

とても薄い「トモエリバー」という紙を使っていますが、デイリーページ180枚前後、それ以外のページも含めると300ページ近くあります。

そのためカバンの空間を結構制圧しています。

なので、半分になったらいい感じなのではないかと思いこちらを選択しました。

もう1冊の手帳


オリジナルを半分の厚みにしたのに来年は「weeks」も使ってみることにしました。

本末転倒です。

weeksは「MOTHER2 マジカントのちず」にしました。

オリジナルはその年の1月からですが、weeksは前の年の12月からページが存在します。

12/1が金曜日なので、11/27から使うことができます。

したがって現在は2017年のオリジナルと、2018年のweeksを持ち歩いています。

現在はカバンの中身はほとんど手帳です。

カバンが圧迫されていますが、年が変わる前に新しい手帳を使えていることが嬉しいです。

余談


使うのは「どせいさん」ですが、「MOTHER2 ここはマジカントのくに。」も購入しています。

ただweeksもマジカント関連なので、同じ感じのものを持ち歩くより系統の違うものを持ち歩いていた方が自分が楽しいので、使うのは合皮仕様の「どせいさん」です。

スポンサーリンク
テキスト上部
テキスト上部

フォローする

スポンサーリンク
テキスト上部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。