【連載】救出と決別【FF9Part4】

ゲーム

前回のあらすじ

【連載】依頼は自分の誘拐【FF9Part3】
今回でやっとオープニングイベントも終了です。

劇場艇で逃げようとする一向。

ブラネ女王の放ったボムの爆発より、アレクサンドリアは抜けましたが墜落してしまいました。

今回は墜落したその先からスタートです。

今回進んだ物語

【FF9実況】救出と決別【Part4】

墜落現場からビビとスタイナーを仲間にしてガーネット姫捜索スタートまで進みました。

落ちた先は……

墜落の衝撃で投げ出されたジタン。

目覚めたのは「魔の森」と呼ばれる場所でした。

入ると二度と出られないと言われている謎の場所です。

ここで初めてのATEです。

ATEは操作キャラ以外のキャラクターがどこで何をしているのかを見せてくれるシステムです。

一方その頃ってやつです。

味方のキャラクターがそのタイミングで何をしているのかを見せてくれます。

劇場艇は完全に壊れてしまい炎上しています。

乗員はみんな無事だと言われますが、ガーネット姫が見当たらないと言われジタンは1人探しに行きます。

魔の森

ここからランダムエンカウントが始まります。

少し進むとビビとスタイナーがいます。

ATEで見たようにガーネット姫が何かに捕らわれています。

ガーネットを捕えている敵との戦闘になります。

ここで初めてのトランスが発生します。

しかし、すぐに逃げられてしまいます。

その後ビビが同じように捕らえられてします。

再度スタイナーと共に戦います。

今度は捕らえられているビビも自分で攻撃を中からしてくれます。

ビビのHPに気を付けながら攻撃をしていきます。

辛くも倒すことができましたが、最後に緑の霧のようなものを放ってきてビビとスタイナーは倒れてしまいます。

決別

倒れてしまった2人を連れて劇場艇に戻るジタン。

ビビは目を覚ますと苦い薬を飲まされます。

ビビとスタイナーは毒を受けたのではなく種を植え付けられていたそうです。

もし発芽していたら体の養分を吸われて死んでしまっていたそうです。

ジタンはガーネット姫を助けに行くと言います。

しかしタンタラスのお頭バクーは、今は乗員の安全の方が優先でガーネットを探している余裕はないと言います。

ジタンはガーネットと出会った時のことを思い出し、単身でもガーネットを助けることを決意します。

ケジメとしてバクーとの対決です。

今回は最初の竜の被り物をしてきたときとも、舞台中の演出魔法が飛び交う戦闘とも違い本気の戦いです。

ぬすむを多用していたので時間がかかり、HPはどんどん削られましたが勝つことができました。

後のやり取りからバクーは手加減をしていたようです。

救出に向けて

バクーに勝ちタンタラスを抜けることになったジタン。

スタイナーとビビを連れていきます。

スタイナーはビビにある提案をします。

先ほどの戦いからビビの魔法が効果的だったことを鑑みて魔法剣の提案をします。

これ以降の戦闘ではスタイナーのコマンドに魔法剣が追加されます。

ブランクと話をして今回の物語は終了です。

Part4を終えて

ここから本格的なRPGがスタートします。

ジタンはタンタラスよりもガーネットを取りました。

ジタンがただナンパなだけでなく、ガーネットはこれまでにない特別な気持ちになったということを言っています。

単純に困っている人を助けたいという気持ちもあるのかもしれませんが、ここから先の物語を見ていくとやはりガーネット姫はジタンにとっての特別な存在になるということがわかってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました